FC2ブログ

移転先

 たった4軒隣へ引っ越しただけですが、なかなか大変でした。それでもこんな近くで治療室として利用できる物件があったことと、利用を許可して頂いた大家さんに感謝です。引っ越し生活もやっと慣れてきたところです。後2カ月くらい。まだまだ新天地で頑張ります。

移転先1

移転先2
スポンサーサイト



一時移転

 これより3か月くらい、4軒西隣へ一時移転します。ご不便をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

花粉症の「はり治療」

 先ほど車の窓ガラスを拭くと、タオルが真っ黄黄。すごい量の花粉が飛んでいそうです。花粉症の人にはとても辛い季節の到来です。

 薬、病院での治療が合わない、嫌だという方には「はり治療」が非常にお勧めです。もともと「はり治療」は、首の後ろのコリをほぐすのに非常に効果的です。首の後ろのコリをほぐすと目の疲れが取り除かれます。これは場合によっては視力回復にも効果があります。目の周辺の血行が改善されるためです。

 もう一つ。鼻のつまりが取り除かれます。鼻づまりは、鼻の粘膜が肥厚して通りが悪くなって起こっています。首の後ろのコリが取り除かれると、鼻づまりの原因だった「のぼせ」の状態が改善されます。鼻の粘膜肥厚は、鼻の部分の水分が停滞した状態です。首の後ろのコリが取り除かれると、その停滞した水分が血液に乗って下へ降りてきます。つまり「のぼせ」が改善されていきます。その結果、鼻づまりが改善されるのです。

 更には「印堂」というツボへの「はり治療」が効果的です。ここに「はり治療」ができるのは、経験が豊富でなければできない治療になります。

未確認飛行物体

 UFOを信じるか?と問われると、この広大な宇宙を考えると可能性だけなら信じるに1票。そもそも宇宙人の存在有無を論争するのは意味がないと思っています。なぜなら、他の星から見れば我々地球人は紛れもなく宇宙人だからです。もし月に思考する生命体がいたなら、アポロが近づいて来た時にそれはUFOだったはずです。更にそこから地球人が降りてきて…、まさに宇宙人の到来です。

 今朝の6時過ぎ…鹿の段を下った所から東の空が広がる場所で、薄暗い東の空の中ほどにずっと遠くでもなく近くもないという距離感で「白く浮かび上がる塊」を見つけました。はじめは雲かなとも思いましたが、東の空とはいえまだ夜明け前です。ところが、その物体は南の方へ一定の速度で移動しています。よくよく見ると、中心が白く光っているようにも見え、その周囲が白く薄いモヤのようなもので囲まれているような物体でした。見ているちょっとの間に山裾に消えていきました。まさに未確認飛行物体。いったい何だったのでしょうね。

 何はともあれ、今日は立春。124年ぶりに早目の春の到来です。

コロナ感染症の現実2

10歳未 感染者数、9000人 死亡者数、0人 致死率、0.0%
10代  感染者数、22500人 死亡者数、0人 致死率、0.0%
20代  感染者数、81100人 死亡者数、2人 致死率、0.0%
30代  感染者数、54300人 死亡者数、7人 致死率、0.0%
40代  感染者数、50900人 死亡者数、28人 致死率、0.1%
50代  感染者数、46600人 死亡者数、96人 致死率、0.2%
60代  感染者数、29500人 死亡者数、296人 致死率、1.0%
70代  感染者数、35400人 死亡者数、865人 致死率、3.4%
80代  感染者数、17500人 死亡者数、1408人 致死率、8.0%
90代  感染者数、6600人 死亡者数、731人 致死率、11.0% 
 
日本全体 感染者数、354200人 死亡者数、4904人 致死率、1.4% 

 前回、約2週間前から亡くなられた方が1200人も増加しています。悲しい限りですが感染者に至っては10万人増。感染者の急増で致死率は少しだけ低くなっています。

コロナ感染症の現実

 コロナ感染を知るには現状認識が重要です。よって令和3年の入っての新しい情報をお知らせします。次に掲げる資料は年代別の累計感染者数と死亡者数、致死率です。(累計はおおよその数)

10歳未 感染者数、6000人 死亡者数、0人 致死率、0.0%
10代  感染者数、15200人 死亡者数、0人 致死率、0.0%
20代  感染者数、58800人 死亡者数、1人 致死率、0.0%
30代  感染者数、39600人 死亡者数、7人 致死率、0.0%
40代  感染者数、37000人 死亡者数、23人 致死率、0.1%
50代  感染者数、33500人 死亡者数、77人 致死率、0.2%
60代  感染者数、21500人 死亡者数、238人 致死率、1.1%
70代  感染者数、18400人 死亡者数、703人 致死率、3.8%
80代  感染者数、12600人 死亡者数、1142人 致死率、9.0%
90代  感染者数、4700人 死亡者数、567人 致死率、12.1% 
 
日本全体 感染者数、253300人 死亡者数、3755人 致死率、1.5% 

 季節性のインフルエンザウィルスの場合、参考までに致死率というのが 0.1%くらいです。当然ながら分母となる感染者数(不確定)が多ければ致死率(死者数は確定)は下がります。現在、致死率は1.5%くらいになっていますが、日本は検査数が圧倒的に少ないので、陽性者の炙り出しは当然ながら少ない数字で出ていることが予測されます。故に致死率は高い目の数字で表れていると読めます。

 また例年のインフルエンザによる死亡者数というのが3000人から1万数千人くらいで推移しているのが日本の現状です。こうして見るとコロナ関連死が昨年からの1年を通しておよそ4000人だとすると、インフルエンザによる死亡者数と比べて多いか少ないかという視点で見れば少ない方に当たると言えます。

 このように数字から見えてくることは、日本では新型のコロナ感染症に対して、インフルエンザよりは致死率が高いものの結構踏ん張って耐えている現状がみえてきます。もうしばらくの辛抱だと思います。お互いに頑張りましょう。

山茶花

サザンカ

 真っ暗闇の世界も、最頂点に達して、いよいよこれから夜明けが早まるほうへと移っていきます。それと同時に北斗七星は今、頭上高く見えていますが、これから徐々に北へと位置を変えながら南の水平線から、もうすぐサソリ座が昇ってきます。

 写真は山茶花。先週に展望台で撮影したものです。というのもこの時間帯は真っ暗で何も見えません。それが拝めるのは、電灯の消し忘れです。このサザンカ、咲いているのは展望台下の便所の前。情緒もへったくれもない話のついでに、サザンカはツバキにとっても似た花ですが、ツバキと決定的な違いがあります。それは花の付き方です。音で表現すると、サザンカはヒラヒラ、ツバキはボトッ! … ヘッタクレモナイ(^^;

 何はともあれ今年は日記のタイトルを「おっし!…」ということで始めてみました。まさかコロナ禍に喘ぐ世界を予測したわけではありません。しかし、不思議に思うのは、自然の中に身を置くと成り行きが感じ取れるようになっているということです。五台山への歩みは、初心に立ち返る大切さを問いかけてくれます。今年こそがその心を忘れてはいけない重要な年の始まりだった、そのような予感が本能的に閃いたように感じます。

 そして今回を持ってこの「おっし!…」は最後になります。一年間、お付き合い下さった方々には、心よりお礼申し上げます。ただ、この連載は終わりますが、五台山への歩みは私の日常です。これからも修練を続けて感性を磨いていきたいと思います。また、このコロナ禍でも生き抜けられる逞しさをお伝えできればと思っています。それでは皆様、よいお年をお迎えください。
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード