FC2ブログ

生命の不思議

単細胞でできている粘菌という生物がいますが、これが非常に面白い動きを見せてくれる細胞です。

人工的に作った迷路の入口に粘菌を置き、出口にエサを置いておきます。そうすると、迷路の最短コースを見つけてそのエサにたどり着くのです。

だからといって、粘菌の細胞に知性があるかというと疑問ではありますが、確かなことは、生きるために細胞は最善を尽くすべく働いているということでしょうか。

これは、我々の身体の中でも起こっていることだと思います。一つ一つの細胞が生きるために最善を尽くしていると思うのです。

また、それを引き出すことが“はり”の治療だと思いますし、命あるかぎり身体の細胞は懸命に生きようとしているのだと思います。




       ゴン馬
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード