FC2ブログ

花粉症の治療

今年は、例年に比べ気温が低いせいもあってまだ本格的な花粉の飛散がはじまっていません。しかし、寒さももう峠を越して徐々に春の陽気がさしつつあるようで、花粉の飛散量もこれから本格化することでしょう。

花粉症に対して“はり治療”で随分と軽減することができます。眉間に印堂(いんどう)というツボがあるのですが、ここが治療のポイントになり、かつ技術力が問われるところでもあります。症状の出ている人に行うと、痒い所へ手が届くというような感じでしょうか。

それと、重要になるのが後頚部にあるコリを取り除くことです。この部分のコリによって頭部を巡る血流が下へと降りてくるのを妨げることになり、その結果、のぼせた状態になって鼻炎を悪化させていたりします。この後頚部のコリを取り除くのに”はり治療”ほど効果的な治療はないでしょう。

患者さんにとっては、鼻水が気になって治療をためらったりされがちですが、治療中でもマスクを使用してもらって、ひどい場合にはその中で鼻栓をしてもらっていて結構です。また鼻をかみたくなったら遠慮なくかんでもらっていいのです。

なかなか根本的に治すというわけにはいかないのですが、長年継続治療をされている患者さんをみると、花粉症の症状がいつの間にか無くなっていたり、随分軽減されていたりしますので、ある程度は根本的な治療につながっているのではないかと思います。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト



整体

我々がやっているのは何のことはない整体の治療です。身体を整えるというのが“はり”の治療の最終目標だともいえます。“はり”という道具を用いてやっているのでたまたま“はり治療”といっているだけです。

ところが時々、患者さんの骨盤の狂いを指摘すると、ならば「“整体”へ行かないと・・・」とおっしゃる方が案外多くいるのですが、心配はいりません。もともとの目的が整体ですので、逆に言うと指摘を受けなくてもそれが目的で治療しているわけです。

紛らわしいのが“整体”というあたかも特化した看板がたくさん挙がっているためでもあるかと思います。新聞でも宣伝されていたりします。しかし、それらは免許制度化されたものではありません。中には免許を取得した上で整体なる看板を掲げている所もあるかもしれませんが、整体という免許制度は無いのです。

確かにバキボキ骨を動かせる音を鳴らすと、いかにも矯正された、修正されたという感じは強いと思います。私自身も治療の中で矯正したい骨の周辺の筋肉をあらかじめ緩めておいてからバキボキと矯正したりすることもあります。

それよりも最も重要な矯正は骨盤の仙腸関節であります。この関節はバキボキ音が鳴るような関節ではありません。時に微妙な具合にコツっというような音で矯正されることもありますが、力で動く関節ではないのです。そしてこの微妙な調節が様々な効用をもたらしてくれるのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵

手当て療法

印(いん)というのをご存知でしょうか。印には実際には様々な形がありますが、ここでいう印は親指と人差し指で輪を作った形、スタンダードなお釈迦様の指のポーズを想像していただけるとわかりやすいでしょうか。では、これがいったい何なのかというと、鍼(はり)を持つ手の形でもあるのです。

印の形を保ったまま鍼を握るとこの鍼に親指と人差し指で象られた丸い形によって求心力が生まれます。この力が鍼の一点に「気」というエネルギーになって集まることになります。

「手当て療法」というわれるように、痛む場所に思わず「手」を当ててそれを凌ごうとします。長年の生活の知恵がこのような手当てとして生み出されたのでしょう。結果的に「手」に宿るエネルギーを利用しているのです。

この一般的な「手当て療法」を発展させたのが“はり”の治療でもあるのです。同じ「手当て」でも患部に集中させるエネルギーの大きさが違います。そして更に“はり”を微妙に動かせることによって身体を引き締めたり緩めたり正反対の影響を与えるような操作までできてしまいます。

冷えて身体が緩み陰性化している人には、求心性が大いに発揮できるように丸い手の形でもって温めて引き締めるように手技を行います。逆に熱して硬くなっている身体には、遠心性に働かせて身体を緩めるように手技を行います。“はり”の治療とは、こういった手技を症状にあわせて自在に操っている「手当て療法」なのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵

貧乏ゆすり

これはNHKの「ためしてガッテン」で放送されていたものですが、『貧乏ゆすり』の動作が股関節の血行増進と関節面の改善に大きな効果があるというものです。普段は行儀が悪いということで奨励できない動作なのですが、これが意に反して股関節にとってはいい運動になっているのです。

我々の治療の多くもこの股関節の状態の改善を目的に行っています。その理由は、股関節および骨盤の状態というのが体調と大きく関わっているからです。震災でも注目されていますが、家の建付けが液状化で傾いてしまい、その傾いたままの家屋で生活していると平衡感覚に狂いが生じて、めまい、頭痛、不眠など様々な不定愁訴が現れてくると言われています。

そういったことからもわかるように、骨盤の傾きというのは、建付けのの悪い家に住んでいるのと同様に考えられます。健康雑誌でも、様々な場面で骨盤のことが取りざたされるのもそのためです。

そんな中で簡単に自分でできるのが、『貧乏ゆすり』であります。椅子に少し両膝を開き気味に腰掛けて、片方の足から『貧乏ゆすり』を行います。片方を2,3分くらいやります。これを交互に行います。あくまでも自分の体力に応じてやることです。無理はいけません。

股関節の状態は、通常の医療機関ではなかなか診断されにくい面があります。それは一方で、仕舞いには人工関節を入れればいいという思いがあるからでしょう。しかし、その前にやれることがたくさんあります。そしてそれを早めに見つけて改善する我々の治療の重要性を強く感じています。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード