FC2ブログ

お産と「はり」(1)つわり

前回まで5回にわたって「不妊治療」について述べてきました。今回からは、めでたく懐妊してからどういった治療もしくは養生が可能なのかを女性の体の変化を交えてお伝えできればと思います。妊娠初期に最も辛いのは何といっても「つわり」です。ではいったいこの「つわり」とは何なのでしょう。

それを知るためには、懐妊から出産までに臓腑がどのように作用しているのかを考えるとわかりやすいのですが、こういった見方は漢方独特の人間観察ともいえます。妊娠初期は、当然ながら胎児が育つ環境が第一です。つまりは母体の体内環境の問題です。そこで体内環境を整える為に最も盛んに働いているのが「肝臓」です。

「肝臓」は、何といっても解毒作用をやっている臓器ですから、妊娠初期に活発に働いて全力で母体の環境整備にあたります。またこの時期に酸味を好むのは「酸味」が「肝臓」を滋養するからです。そこで体内環境が胎児にとって良くなければ、なおさら環境整備を急がなくてはなりません。これが最も表面化したのが「つわり」です。

「つわり」とは、母体の断食現象だともいえます。断食によって、「肝臓」が母体の消化吸収より解毒作用に重点を置いて働く環境をつくります。ですから体内環境の整備が必要な人ほど「つわり」がひどくなり食を拒むように作用します。ですから「はり」の治療では、この時期において「肝臓」の解毒作用を助ける治療を行います。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト



不妊治療と「はり」(5)骨盤編

不妊症は、当然ながら他にも様々な要因があります。肝臓編や腎臓編で述べてきたことはあくまでも基本的な話で、実際には「肝臓」「腎臓」の働きが複合して原因になっていたり、妊娠を育むための「骨盤」の状態に関わる「筋肉」や「骨」のバランス加減なども大きく関わっています。

「はり」の治療では、「肝臓」「腎臓」の視点に立ってそれぞれの役割の中から不妊症の原因を探り、それに従って「臓腑」の機能強化することで妊娠へと導くことを目標にしています。更には、体に現れている様々な異変を探って妊娠しやすい体づくりをめざします。ですから妊娠を考える場合に、男性よりもどうしても女性の体の状態のほうが重要になります。

男性の場合では、数千万から数億ある「精子」のうちのたった一つの精鋭が目的に達するため、一つ一つが育つ「卵子」とは随分条件が異なります。ですから妊娠を考える場合には、女性のほうがどうしても主体になってきます。そういった中にあって、筋力の弱い女性にとって骨盤の支える力の状態が非常に重要になるわけです。

今日の日常生活は、めっきり肉体労働が減ってきています。わざわざジムに通ったり、時間を作って歩いたり走ったりしてやらないと、十分な運動が足りない生活が多くなっています。弱った筋肉は、疲れやすく硬くなりやすいため、それが骨盤周辺で歪みとなって現れやすく、そのことが妊娠を妨げる原因になりかねないのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵

不妊治療と「はり」(4)腎臓編

不妊治療には、当然ながら「性欲」だけでは解決できない問題がたくさんあります。「性欲」や「子宮の状態」には「肝臓」を中心とした働きが重要だというのは前回までいってきました。今回は、「受精」にとってもっと根本的な問題についてです。受精を可能にするのに、まずは出発点である「精子」「卵子」の存在を考えないわけにはいきません。

この「精子」「卵子」を育んでいるのが「腎臓」の働きになります。東洋の医学では、「腎臓」の働きを左右に分けて考えていて「左腎臓」「右命門」と呼んでいます。現在では解剖学で左右の腎臓の存在が確認されていますので、その通りでいいのですが、機能面で「右命門」には「精を宿す」といって先天的な力を備えている所と考えています。

脉診において右手首の側に「命門」の見所が配置されているのはそのためです。韓国や中国の時代劇を見るとよく脉診をして妊娠の有無を見分けるシーンがでてくるのは、脉診で「右命門」の力をみているためです。しかしながら実際には微細な変化のため、その変化が著明に現れる人でなければ見分け難いのですが、働きの強弱はある一定わかります。

ですから「精子」「卵子」を育んでいる「右命門」の強弱、つまり虚実をみて、この働きを強化するという目的での治療が可能となります。「右命門」すなわち「右腎臓」の機能強化が男性では「精子」の生成を促し、女性では「卵子」の育成を促すことにつながります。このように腎機能強化のために「腎臓」に「補法」という手技を行って不妊治療を行います。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード