スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも「未病」って何だ?

前回「器質的疾患」を得意とする現代医療に対して「機能的疾患」の治療に優れた東洋医学について述べたところです。「機能的疾患」とは、「形」として捉えがたい症状として現れていて、それを「気」というエネルギーの変化をみることで病状を捉えられるものです。

理屈はそんなところですが、実際に体の所見を触ってみてみるとそれが皮膚や筋肉の突っ張りだったり、弾力が欠けたり、色艶が悪かったりと様々な状態を示してくれています。それでいてMRIやCTなどの先端機器では捉えられない症状です。こういった状態を「未病」と呼んでいいと思います。

ですから「未病」とはいっても実際には「病」の兆しとなる状態が散在しているわけですから、その段階での変化こそ本来最も重要視する必要があります。しかしながら現代医学のように数値表示する「健康診断」という見方が当たり前になってしまうと「未病」の視点が抜け落ちてしまいます。

我々の「はり」治療は、単に「未病」という診断をしているだけではなく、その触覚所見に対して「気」の充実度をみてその過不足すなわち「虚実」をみています。多くは「虚」の所見を呈しており、それに対して「補法」という「気」を補充する手技を行って「未病」の改善を図っています。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。