スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識を覆した「鉄」

皆さんは「安彦鉄」という「鉄」をご存知でしょうか。「鉄」というのは大体の人は見て知っている物質だと思います。その常識では、そこらへんに置いておくとすぐに赤茶けた錆がついて腐食していきます。そういった「鉄」という物質の純度というのは99.7%くらいが純粋な鉄の部分で残り0.3%くらいの不純物を含んでいます。

その純度を100倍くらい高くしたものが「安彦鉄」といわれる鉄です。この鉄の由来は東北大助教授、安彦氏の名にちなんでつけられたものです。そしてこの鉄の抽出が、それまでの鉄の常識を覆すことになりました。どのように純度を上げても理論上、イオン化することで酸素や水に触れると鉄は錆びるというのが常識でした。

ところが純度を100倍上げた鉄を作ることに成功してわかったのは、それだけ純度が上がると、鉄は半永久的に錆びない「鉄」に変わってしまっているということです。純度が0.1では錆びるが0.01では錆びないのです。理論的にみると不純物を含んでいる限りはイオン化して錆びるはずの鉄が、実際に作ってみると全く錆びないのです。

つまりは科学の常識とはその程度のものだということです。我々の体の中にも「鉄分」なるものがあって血液の中で酸素を運ぶという重要な働きをしてくれてるのですが、一日の必要量が6.0~10.0mg/日などと設定されています。しかし、それも「鉄」がイオン化して酸素と結合し運搬するという常識があってこそ成り立つ数値なのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。