スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症の対策は、簡単でもあり難しくもある

今年は例年よりも半月くらい早く梅雨が明けたために、それだけ早い夏の到来となっています。また、報道されている通り地域によっては35度を越える猛暑日が連日のように続いています。7月半ばにしてこの猛暑ですから、今年の夏の厳しさにはうんざりしそうですね。

その対策として、適度の水分の補給と塩分の摂取がさけばれていますが、これは非常に重要なことです。しかし、それで万全というわけではありません。高齢者や体力が低下した人にとっては、摂取した水分や塩分が、いくら摂取してみても吸収できない状態にあると生命に関わってきます。水分や塩分が失われていく中でそれを自覚できるかそうでないかということも重要です。

いくら我々が声高に水分、塩分の重要性を訴えても、本人にその自覚が無ければ摂ろうとしません。特にお年寄りの方は、常日頃から塩分の摂取を控えていたり、日常の「冷え性」「頻尿」のために水分摂取を敬遠していたりということが問題をややこしくしていたりします。「冷え」を強く感じている人は、いくら自身が汗ばむ状態にあっても冷房が効いた部屋で過ごすことを嫌うのです。

排尿があれば、その色加減でどれだけ水分と塩分を摂ればいいのかある程度の判断はできます。しかし、それには普段からの胃腸の働き具合を把握していないと軽々しくいえるものではありません。一般的な対処法で良くなるような人なら、梅干をかじっておいて麦茶でも番茶でもすすっておけば大丈夫ですが、胃腸の吸収力が落ちてしまっている人には本当に生命に関わる一大事となります。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。