FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『声』に出てますよ

体調というのは、色々な形になって現れているものです。なかでも「声」は誰でもわかりやすく現状を知らせてくれています。充実した人の声というのは、歯切れがよく声に勢いがあって一口に多くの言葉をしゃべり、会話の内容も明るいものです。反対に体調が悪かったり、弱さが見える人は歯切れが悪く、小さな声で一口にしゃべる言葉が少なく語尾に力がありません。当然ながら話す内容も後ろ向きになります。

これだけを見ても大体のその人の体調を推し量ることができます。しかし、漢方の医学はそれだけに留まることなく分析しています。前にも言いましたが、体の根幹をなすのは五主(ごしゅ)です。この五主のあり方が声の質に大きな影響を与えています。

肝臓の支配を受けているのは筋肉。ゆえに、肝臓の支配が強い人の声は、筋肉の影響を強く受て発します。筋肉を緊張させる力が強いため「金切り声」に近い声になります。行動力を伴っていますので話す内容が命令口調になるのも特徴的です。こういった体質の人でも体調を崩したり弱さが見えてくると突然のように「怒鳴る」「だだらだら文句を言う」「愚痴っぽくなる」ような形で歯切れよさが欠けて出てきます。

我々日本人に多いのは肺臓に支配された皮膚粘膜を使って発声する気を使ったしゃべり方です。これは往々にして「かすれ声」になりやすく、しゃべった後に咳払いをしたくなるようなしゃべり方になっています。充実していると呼吸を上手くコントロールしてしゃべりますので、とても優しく響く声として聴こえます。こうした声の質と変化が、我々治療家にとっては重要なメッセージになっているわけです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。