FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『三焦(さんしょう)』という生命観

「名前があって形なし」といわれているのが「三焦(さんしょう)」という臓腑です。そしてこれこそ東洋医学独自の経験から生じた人体観察の賜物でもあります。三焦とは上焦、中焦、下焦という三部分を合わせたものなのですが、上焦とは呼吸器である肺臓、心臓を構成する部分、中焦は肝臓、脾臓、胃など消化器を構成する部分、下焦は大腸、腎臓で排泄に関わる部分となっていて、これらの働きを総称して「三焦(さんしょう)」といっています。

上焦では、単に肺臓で酸素を吸って二酸化炭素を放出し、心臓で血液を循環させているというだけではありません。肺臓では呼吸によって「天空の気」といういわば「宇宙から降り注ぐエネルギー」を取り込んでいます。そのエネルギーと後で述べますが下焦の力で足元から上がるように入ってくる「地の気」(地球が持っているエネルギー)とが、頭と足元との上下の交流に大きく貢献しているのです。

そういう意味において、呼吸という作業は全体的な体内交流に大きな役割を果たしているといえます。それゆえ呼吸器である「肺臓」機能の強化は、栄養管理以上に重要視していりといっていいでしょう。特に呼吸が浅くなってくると「気力」が養われず、それが精神的不安定の要因になっていたりするのです。

また上焦の部の「心臓」はというと、上焦で取り込んだ「天空の気」と下焦からの「地の気」、中焦から捻出された栄養(栄衛:えいえ)を集めて一挙に拍動という求心力、即ち陽性の力で圧縮して陽性の代表である「赤い血」(動脈血)にして全身へと送り出しています。面白いことに心臓は陽性、赤い血も陽性、ゆえに陽と陽の反発力で遠くの末端へ血液をはじき出す仕組みになっています。そして末端へ運ばれたものは「青い血」(静脈血)という陰性を帯びて陽性である心臓に引き寄せられるべく帰ってくるのです。(つづく)




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。