FC2ブログ

リンパマッサージ(2)

リンパ部では、我々がみているのは主に「気」の状態です。「気」をめぐらせる力が弱って反応がある場合には、「皮膚鍼(ひふしん)、散鍼(さんしん)」という手技を補法(ほほう)という「気」を充実させる手技でシャカシャカ、パッパと治療します。皮膚鍼と散鍼との違いはというと、症状を発している部位が皮膚の表層なのか、深部なのかの違いです。そういった反応を見極めてやっています。

逆にリンパ部に「気」が停滞して熱を帯び、硬いしこりのような状態になっている反応に対しては、瀉法(しゃほう)という手技で、反応部分に充満した「邪気」を外へ放出してやるような手法でトントコトン、シャッシャッシャとゆうようなリズムで反応を取り除きます。同じように見えて「リンパ部への施術」は、マッサージと質の違いが分かっていただけたかと思います。

もっと厳密にいうと補法(ほほう)の場合には、「はり先」を患部の皮膚に接触させてすかさず指で蓋をして「気」を体内に送り込んでいます。瀉法(しゃほう)では、同じく患部に触れた「はり先」を利用して内部で抑圧されている反応(邪気)を外へ放出させるべく皮膚へ放出穴を開けているようなイメージで手技を行っているのです。

どうでしょうか?一口に「リンパマッサージ」といっても、我々がやっている「はり治療」では、それぞれが現している症状に対して補的皮膚鍼、瀉的皮膚鍼、補的散鍼、瀉的散鍼といった具合に局所の反応を4段階(四大病症)で分析し、それぞれの手法で使い分けて、より的確で効率よくリンパ周辺の改善に勤めています。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード