FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語られることの少ない「生理」(1)

月経といわれるように、月の周期に合わせた経緯を順調に辿るのがいいのですが、実際にはそうもいかないようです。そうした異変の特徴をよく捉えているのが漢方の医学で、その理由のひとつは内臓の働きと関連付けてみているいるからでもあります。

まずは肝臓に注目してみましょう。肝臓は、ホルモンの作用をコントロールすると同時に、筋肉へエネルギーを供給して支配しています。そして「生理」の始まりは、この肝臓の働きからといえます。肝臓からの指令が「生理」を呼び起こすために、「生理」前のイライラは、肝臓の何らかの不調といえるのです。

また肝臓は、筋肉を支配していますから、この筋肉をアスリートのように鍛え上げると腹筋、背筋、骨盤周辺の筋肉が非常に発達して、引き締まり過ぎてしまって「生理」が遅れぎみになったり、仕舞いには起こらなくなります。こういったことから女性の一流アスリートでは、逆に「生理」が起こっているうちは鍛え方が足りないように言われるのです。

これは意図的に作られた体の過緊張であるのに対し、問題なのは肝臓自体が、「生理」を起こすのに異常な興奮状態になることです。これがイライラを呼び、時に食欲増進、偏頭痛、下腹部痛となって現れます。こういう場合に我々は「肝実証」と診断して、肝臓経絡へ「瀉法」を行い、肝臓の興奮状態を抑えるというはっきりした目標を持って治療を行っています。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。