スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繊毛(せんもう)運動1秒15回

我々の鼻から気管支、肺の中に至るまで、その表面は粘液とともに「繊毛」(せんもう)という長さ1/1000mmくらいの毛によってびっしりと覆われています。これが何と1秒間に15回~17回という高速で体内から外側へ向う流れをつくって運動しているのです。

この働きがあって、呼吸に伴って入ってきた空気中の様々な異物(ほこり、カビ、雑菌、ウィルスなど)を体外、もしくは気管から食道のほうへ回して体内細胞に侵入するのを防いでいます。実によくできた仕組みですね。しかしながら、この「繊毛」が十分に働くためには、十分な潤いがなければなりません。粘膜の潤いが欠如してくると粘液がどろどろしてきて「繊毛」が存分に運動できなくなるのです。

するとすぐにでてくるのが、1日の水分摂取量です。単純に1日に1.5リットルの量をなどという話がでてきますが、重要なのは適度な潤いです。そのために体は「肺臓」の力で粘膜を保護し、「胃」に水を溜めて身体各に分配し、「腎臓」で必要量の水分を再吸収して体内の水分量を調節しています。

ですから、単純に量を決めて水分補給したのでは「胃」に水が溜まりすぎて本来の殺菌力を発揮できなくなるという事態も生じるのです。近年、嘔吐下痢症が多いのは、不必要な水分摂取による胃液の希薄化が一因とも考えられます。我々の医学では、肺経絡、脾経絡、腎経絡の働き具合、つまり体内水分管理体制に注目して「繊毛」が働きやすい環境づくりが治療目的となります。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。