FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の中に「宇宙」があった

私たちは、ややもすると今までの習慣のなかで物事とはこういうものだと勝手に思い込み、その習慣が当たり前になってしまって疑問を持つことなく日常生活を営んでいたりします。そして形あるものを見て、その存在がそのまま全てであるような錯覚に陥ってしまいがちです。遡ること江戸時代中期ころまで、地球は方形であったと信じられていました。

一つ提案してみます。あなたが思う常識を積み上げた先に、この「宇宙」が存在しますか?ということを。日常的に我々が学んできた事実の積み重ねから「宇宙」にたどり着ける人は、非常に少ないのではないでしょうか。場合によっては「宇宙」などと大げさなことをいうなとお叱りを受けるかもしれません。しかし、「普通」などという物差しでは、すぐに行き詰ってしまうのが現状です。

「宇宙」などといってしまうと大げさですが、では我々が生活している場所はどこですか?と問えば○○町と答えた後で、○○県、日本、地球?太陽系?う~む…。「宇宙」とは大げさでも遠いところでもなく、むしろすごく身近なんですよね。朝起きると日が昇り、沈むと夜が来る。「宇宙」空間ではこのような現象が当たり前の事として連綿と繰り返されていて、その中に我々の生活があるだけです。

私たちが、意図しようとしまいと「宇宙」は勝手に「宇宙」のリズムで毎日の時を刻んでいます。私たちの体をみただけでは「宇宙」との繋がりを想像できませんが、体内に入って「細胞」を取り出してみると、その構成は「宇宙」のリズムと同じであることがわかります。更にそれは、「意志」が働いて変化するということもわかりつつあります。「はり」の治療は、それを「気」の力に置き換えて体のリズムを整えようとしているのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。