FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「股関節」と「はり」治療

人体の解剖をよくご存知の方ほど、何ゆえに「はり」で「股関節」を治療できるのかというような疑問をもたれることでしょう。実際に手にしている「はり」は、それはそれは小さなものですから、局所である「股関節」には到底とどきません。それゆえの疑問も無理からぬことです。

確かに、「股関節」の症状は、足のつけねの奥にある関節面にできた異常で起こっている場合が多いと思います。しかし、その関節面の異常とともに実際問題になっているのは、その局部というよりも骨盤の傾きであったり「股関節」を取り巻いている前後左右の筋肉であったり、足首の柔軟性であったりと様々な所見のほうであったりするのですす。

そうした、ひとつひとつの条件を「はり」の治療では、注目して診断して治療に当たっています。緊張している骨盤周辺の筋肉を緩めたり、足首の柔軟性を引き出してやったり、案外お腹の筋肉の硬直がアンバランスの原因になっていたりもしますので、それらを緩めてバランス調節をするのです。バランスがとれてくると「股関節」に加わっていた負担が改善されて、それに伴って異常をきたしていた関節面が修復されていくというわけです。

また、「股関節」そのものに奇形があるものなどは難症でありますが、この医学では、肝臓の強化で「筋力」を養い、腎臓の強化で「骨」の栄養を改善する目的で治療が行えます。体質の強化とは、このような治療のことを指すと思うのです。ですから、手術をと考える前に、先ずは「はり」の治療を受けてもらうことが賢明だと考えます。手術はその後でも決して遅くはありません。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。