FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の栄養を考えてみる(1)

食事で摂る栄養が大事なのはわかりやすい話で、その摂り方が簡単ではないだけです。翻って「心」が栄養されているなんて考えた事、あるでしょうか。「心」が健全であることが大事なのは皆わかっていると思いますが、ではいったい「心」がどうやって養われているのかというと、案外わからないという答えが返ってきそうです。

我々動物は、一先ず食べてさえいれば生きていけます。しかし、これだけでは他の動物と同じになります。呼吸はどうでしょう。これも単に吸ったり吐いたりだけだったら他の動物と同じです。音はどうでしょう。これも身を守るだけに音を察知するのだったらこれも他の動物と同じです。

そう考えると「心」を養うというのは、他の動物との違いを考えてみることにヒントがありそうです。人は「食べる」ことでは、そこに「うま味」を感じ、「呼吸」では「精神」の安定を図り、「音」では、「音色」や「音階」の組合せで聞き分け楽しむ術を知っています。食べ物やその土地が有する匂いというものを「宗気(そうき)」といい、これが精神を養っていると漢方ではみています。

更に形が無いものの代表が「音」や「匂い」です。形が無いのに感じることができる「音」や「匂い」こそ「心」の栄養源だと考えていいでしょう。精神が荒廃して「心」もとない状態になると、ちょっとした「音」や「匂い」に敏感に反応し嫌悪感を覚えるのもそのためです。と考えると、それを滋養するのは「良質の音」「良質の匂いが漂う環境」であったりするのです。寺院へ足を運ぶと「心」が落ち着くのもその影響があります。治療室の「もぐさ」や「線香」の香りもその効果の一つです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。