スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の栄養を考えてみる(3)

「こころ」とは、形として捉えることができません。ですから、栄養学のように数値化するわけにもいきません。それでも「心」が満たされたり、空虚になったりと「感じ取る」ことでその存在が認識できるのも確かです。形でない「こころ」は常に感じ取る存在といっていいでしょう。では、「こころ」というのはいったい何を持って満たされて成長しているのでしょうか。

まずは「匂い」です。この「匂い」が「こころ」の栄養の出発点だと考えていいと思います。いい「匂い」には「こころ」の安定を生み、不快な「匂い」は、嫌悪感となって「こころ」に伝わります。寺院や我々の治療室に漂う「もぐさ」や「線香」の香りを嗅ぐと、ほとんどの人が心地よく落ち着いた心境になれます。それだけでも「こころ」の栄養に大きく貢献しているかと思います。

「匂い」をもっと広げて考えると「呼吸」にいきつきます。その場所ごとに実は「匂い」があって、その「匂い」を嗅ぎながら生活しています。そうやって「呼吸」から我々は「こころ」の栄養になるものを吸収しているのです。「匂い」に含まれているエネルギーを「宗気(そうき)」といって、それを吸収して「こころ」を養っているのです。

このように「呼吸」や「音」といった目に見えない働きこそが「こころ」の栄養になっているので、それらをうまく吸収して「こころ」の充実を図ることが重要になります。呼吸器というのが精神作用に大きく影響しているのはそのためで、呼吸器である「肺臓」の機能強化は「こころ」の安定に欠かせないのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。