スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お天気病み

折りしも特別警報が発令中の台風8号が接近中ですが、どうかそのまま何事も無く通過してほしいところです。「お天気病み」を理解するには、まず気圧の意味を理解して貰う必要があります。単純にいうと平地で我々の皮膚の1cm四方の広さに圧し掛かる空気の重さが、その時の「気圧」になります。例えば1000hPa(ヘクトパスカル)というのは、皮膚1cm角の広さに1000mg(1kg)の重さが掛かっているということです。

普段、これだけの空気の重石を全身に受けながら生活していることになります。数字で見ると相当な圧力を受けながらの生活のように思いますが、この圧力が通常であり、それが我々の体をぎゅっと引き締めてくれています。我々は気合を入れる時に「鉢巻」を巻くと、やってやるぞーという気持ちが増します。まさに自然がやってくれている「鉢巻効果」が「高気圧」の状態だともいえます。

今回の台風8号の気圧が930hPa(ヘクトパスカル)くらいになっていますから、この台風が近づくと単純計算で1000-930=70mgで1cm角あたり7gの重石が無くなってしまうことになります。これを全身で考えると相当数の圧力が無くなってしまうということです。今回は台風ですが、単に低気圧の接近の場合でも、その気圧の体全体に掛かる気圧の影響というのは大きいのです。

それでも気圧の変化に応じて体が伸縮することができれば、そういった変化にも随時問題なく対応できるのですが、「お天気病み」を訴える人は、この気圧の差に体が対応できていない、もしくは、対応に要する時間が掛かってしまいます。こうした症状は、体を引き締める力が弱った人、つまり陰性に傾いている人に現れる症状です。体に収縮力を引き出す治療、すなわち体を陽性にする治療が必要になります。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。