FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑うちゃって

「笑う」とどうなる? 笑っている時に緊張してみてください。間違いなく引きつったなんとも妙な表情になります。それはなぜかというと、「笑う」という動作が「緩む」ことで成り立っているからです。だから緊張しながら「笑う」というのは、相反する作業を同時にやってしまおうという不自然な作業になるのです。緊張を解かなければ普通に「笑う」ことはできません。

しかるに「笑う」ことの効用は筋肉を緩ませることにあります。漢方では「五志」といって心の状態を5つの要素で分類し、それを五臓六腑に当てはめています。その中の一つが「笑う」で、その作用は「心臓」に影響を与えています。「心臓」は、死ぬまでほぼ休むことなく「収縮」と「弛緩」を一定のリズムで動いていますから、ちょっと休憩というわけにはいきません。

その「心臓」に唯一休息を与えられるのが、「笑う」という動作になります。休むことができない「心臓」の働きに「笑う」という作業は微妙な緩みを与えて緊張を解いていると考えたらわかりやすいでしょうか。それと同時に「心臓」の役割は、我々の高等な判断能力の場であると捉えているのが漢方の医学です。ですから、「笑う」という動作の最大の効用は「こころ」の緊張をほぐすことにあるといえるでしょう。

「笑う」動作が高等であることの証は、他の動物には見られない動作ということからも見て取れます。笑いながら散歩している犬や笑ったサルを見たことがありますか?動物園でもジャングルでもそこに「笑顔」の動物がいるでしょうか?それだけ「笑う」動作は高等技術を要する動作であるといえます。それでいて「すべって転ぶ」だけの動作を見せられると「笑え」てしまいます。人間にとっては、考えるほどに難しく、やってしまえば簡単なのが「笑う」ことです。つづく




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。