FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低くなってきた朝の気温

コンスタントに朝の気温が20度を下回ってくる季節になりました。この時期は、朝の気温が低くなる反面、日中はまだまだ暑さが残っていて、汗ばむ陽気だったりします。それゆえ、暑さをしのぐため体は熱を放出するように皮膚を緩めてそれに対処しています。

体に十分な収縮力を発揮できないでいる人は、20度を下回るように気温が下がってきた場合でも、皮膚を引き締めて外気の冷えに対処することができません。そのために内部にまで冷気が浸透して体が冷やされやすく、それで様々な症状を誘発します。

それが真っ先に現れるのが「のど」の周辺です。「のど」は常に「呼吸」で空気の出入りがある場所ですから、気温の変化があればそれに合わせて伸縮して対処していないと、カビやほこり、細菌や花粉などいろいろな異物の細胞への侵入を許してしまいます。

一端、そういった異物の侵入を許してしまうとあとは「のど」の粘膜を中心に炎症が起こります。それが「のどのイガイガ」です。「はり」の治療では、このように「のど」が冷えて炎症を起こしたものに、その外側から「散鍼」(さんしん)というパッパッパ!!という機関銃で打つような手法で血行不良を改善して炎症の予防、回復を手助けします。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。