FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療と「はり」(1)肝臓編

「はり」の治療で「不妊治療」などというと、全く何のことを言っているのかというような感じで問い返されることがしばしばあります。そうは言っても「不妊治療」の現状はというと、肉体的な負担はもとより高額な医療費を要しながらそれでいて確実性が決して高いわけではありません。そうであるなら、まずはじめに改善できることからやってみる、そこから出発してみることも大事ではないでしょうか。

「はり治療」でまず出来ることは、不妊の状態にある夫婦の体質強化の治療です。ですから、夫婦同時に治療を受けていただくことも重要になります。このように不妊治療には、男性側、女性側のそれぞれの役割の強化を目的に行われます。それぞれの役割というものを順を追って説明していきます。

まず妊娠には、男女互いの欲求がなくてはなりません。これは「性欲」と呼ばれますが、子孫繁栄には大事な欲望です。この欲望を後押ししている臓器が「肝臓」です。「肝臓」は、化学工場のように考えられていますが、これは外部から入ってきた主には飲食物を科学的に分解することを指しています。しかし、その前に「食欲」という形で欲望を発っし、この欲望の源泉こそが旺盛な「肝臓」の働きであります。

「肝臓」というのは、目に通じており目から入る情報をいち早く察知して自分がとるべき行動を判断しています。それを筋肉に栄養と指令を出すことで行動力に変わります。なかでも積極的な行動力には旺盛な欲望が伴いがちで、「肝臓」の気力が旺盛なほど「食欲」「性欲」共々旺盛になります。「英雄色を好む」とは、まさにこのことを指しています。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。