FC2ブログ

お産と「はり」(2)安定期

妊娠4ヶ月を過ぎてくると順調であれば安定期に入ります。安定期に入ると母体が自身のからだづくりから、胎児のために栄養を欲するようになってきます。「つわり」がひどかった人でも大体はこの時期になって食欲が回復してくるのはそのためです。これは母体において「肝臓」での解毒作用が終わって「脾臓」つまり消化器の働きへと移行するためです。

「脾臓」の働きが活発になると、気をつけなくてはならないのが「甘い」ものです。消化器が活発に働くほど「甘い」ものが滋養になることもあって、それを好んで食べてしまいがちになります。理想的なのは穀物に含まれる「甘味」です。それを砂糖を含んだ「甘いもの」を食べていると肥満とからだの緩みにつながり胎教にも決してよくありません。

また、お腹も急激に大きさを増してくる時期です。5ヶ月目に腹帯をしめはじめるのはそのためでもあります。現在では腹帯も様々な素材のものが多数ありますが、お勧めは木綿の伸び縮みしないしっかりした生地の帯です。伸び縮みしないことがお腹の必要以上の締め付けを防ぎ、お腹のガードにもなりながら、母体の支えにもなってくれるからです。

この時期にまだ「つわり」が続いている場合は、憂鬱な期間が長引いて参ってしまいがちです。しかし、妊娠期間に少々の栄養不足になったところで、出産してしまえば、それから先の栄養摂取のほうが遥かに長いので全くあせることはありません。「はり」の治療では「肝臓」「脾臓」を強化することを目指してそういった症状の改善に勤めます。また、「安産のお灸」もこの頃からはじめるといいですね。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード