スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お産と「はり」(5)血の道症

前回のも述べた通り、産後というのは母体にとって体の修復と、母乳の生成というふうに、様々な肉体的な変化に対応しなければならない時期です。それゆえに肉体のもとである「血」の変化が顕著に現れます。それが滞って停滞したものを「お血」(おけつ)と呼び、それに伴って現れる症状を「血の道症」といいます。

母体では、飲食物を胃で消化して肝臓で解毒し、そうやって始めのうちは濃厚な母乳を生成して、免疫力が不十分な赤ちゃんの体を補っています。最も多くその停滞が現れやすいのは下腹部内ですが、授乳期においては血液を母乳に作り変えているため、この作業がスムーズに進まないとその周囲の循環障害をまねきます。これが乳房周辺や肩甲間部の「こり」として現れます。

「はり」の治療では、そういった肩甲間部の緊張を浅い部分では「皮膚鍼」「散鍼」でパパパと取り除けますし、深い部分の「こり」にもかゆい部分に届くようにほぐすことができます。加えて重要なのが、産後2ヶ月くらいは、体の修復のため「肝臓」がフル稼働で働いていますので、その「肝臓」の疲労を取ってやることも母乳の出方に影響があります。。

「肝臓」は、何といっても解毒作用をやっていますので、「肝臓」の働き次第で「血の道症」へとつながっていくことになります。また体内の「お血」を浄化できないで残っていくほど産後の回復が遅れると共に、その停滞が母乳、更には体内の機能の停滞をまねき、後々「血」に関する病である「頭痛」や「生理痛」、「生理不順」、「更年期」のような症状の誘引となりますので、「はり」の治療で改善しておくことをお勧めします。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。