FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マインドフルネス」と「はり治療」その2

 科学的な見地に立って物事をみようとすると、どうしても一つ一つのものを切り離して検証するため、実はそのこと自体が不自然であるということが抜け落ちていたりします。その弊害の最たるものが生命力という生き物に宿る総合力の欠如です。先日の抗うつ剤のニュースでは、偽薬と正薬との効果の差が年々なくなってきているというものでしたが、これこそが人間が内に秘めたる「思い込み」の効果の最たるもので、「思い込み」を単なる思い込みと排除してしまうところに現代医学の未熟さを感じざるを得ません。

 科学的、もっと俗にいうと学者的な観点では、偽薬に効果があってもらっては困るんでしょう。科学的な論拠が示せないがゆえ、占いのようなものに乗っ取られたような気分にでもなるのでしょうかね。しかし、思考する人間は能力が良し悪しにかかわらず、それが備わっているがゆえに様々な「思い込み」があり、偽薬でも効果を発するし、脳の中では思わぬ変化が生じて、結果的に功を奏するといったことが起こっているのです。こんなことの先に「マインドフルネス」の効用が科学的に理解されるようになったのです。

 私の経験上においても、どうしても先生に診てもらいたい、ここで治したいと思って来院していただく患者さんと、人から聞いた、他に適当な治療がないので「はり」でもやってみようと渋々来院したという患者さんとでは、実感として治療効果に随分違いがあります。症状によっては、騙されたと思ってやってきたという患者さんでも即座に効果てき面という場合も無くはないですが、慢性疾患ほどそれは難しくもあります。

 「マインドフルネス」は、単に「思い込む」というより、呼吸を日常的に意識すること、そういう習慣、それを引き出す環境などが揃って安心感を得ることでより発揮されやすくなります。「はり」の治療は、来院されてベッドに横たわり、後は任せてもらって呼吸をしているだけです。その呼吸を整える、脈を整える、その先に生命力が持つ体の自然な調整力を引き出す、それがもともとの目的になっていますので、「マインドフルネス」の概念は私にとっては取り立てて真新しい発見でもないのです。




       これがわたしの思いですありがとう地蔵
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。