FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山が燃える?

 今朝の西の空には、満月が綺麗に整った姿を見せていました。実は昨日の朝、西の空の山際が薄赤く明るんでいたので、もしや山火事ではないのかと山の途中で幾度も西の山を気にしながらの散歩だったのです。今朝は、家を出るとすぐにまんまるに輝く満月が目に入り、今日は五台山への道は明るいななどと昨日の朝のことはすっかり忘れていました。そうして下山して堤防を歩いていると昨日目にした光景が、蘇ってきたのです。

 昨日は月を見ないままの西の空の光景だったのであそこに何が有る?山火事?などと少々不安でしたが、今朝の満月を見て理由がよくわかりました。薄赤く輝いていた満月が山際へ沈んで行ったのだとわかったのです。昨日のモヤモヤを思い出してすっきりした気分でした。この景色を数学的に表示すると、月は一日で12度くらいの角度の差が出るように移動していますので今朝の西に浮かぶ満月の位置と西の山際との角度はおよそ12度だったことがわかります。そしてこれが半時間で沈むんだと。

 これまでにも何度となくこのようなタイミングで歩くことはあったのだと思いますが、数分の違いで山際へ沈む満月に近い月を見ることは稀です。早朝に見える月というのも数日しかありません。もう何日もしないうちに月は欠け、また見えなくなってしまいます。そして月の存在を忘れたころに再び現れるという歳月の移ろいが不思議でもあります。月ひとつ見ても飽きさせないこの地球の営みが、我々の感性を磨いてくれたのだろうと想像もつきます。

 それにしても「知らない」ということが、「不安」や「怖れ」「慄き」「猜疑心」から「絶望感」に至るまで、際限なく増幅させられることが感じ取れます。理屈ではわかっていても心が伴わなければ理解できないに等しいことです。我々は「生」への「不安」を感じつつ「不安」が解消される過程を経て「生きる」ことの意義が「有意義」になるのだとも思います。今日一日があることに感謝!

       西に満月


       これがわたしの思いですありがとう地蔵


スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。